4月から会津店店長のシロウです。…

070615-00

4月から会津店店長のシロウです。… キュリアス サーフツアー in バリ …

念願だったバリに3年ぶりに行ってきました。何を念願してたかというと、サーフィンです!バリと言ったらサーフィンでしょう!前回行った時のサーフィンのレベルは立ってちょっと横に滑れる程度…..。波はすごくキレイに割れているのに、全然長く乗っていられなかったのが悔しくて、ずーっとリベンジをしたいと思って3年間!!やっと!この機会が来た~。

という事で、今回はバリの事少し勉強してから行きました。バリ島約5,500?、日本の愛媛県と同じくらい。デカイんだか、小さいんだか?人口は愛媛県の倍の約300万人!その95%はヒンドゥ教徒。朝には『チャナン』(お供え物)が、いたる所にあり地面に置いてあるのは『悪霊』の為、地面より上にあるのは『神様』の為だそうです。これだけでバリを知った気になりました。今回は観光一切なしのサーフィンオンリーだったので、こういう事よりサーフポイントの勉強していけば良かったと…..。

などなどイロイロ思いつつリベンジしてきました。

メンバーは郡山店長率いるサーフィン大好きな2人と、会津のサーファー2人そして僕の6人。大体がバリ初上陸。時差は1時間程度なので着いてから、早速ガイドさんに夕食など連れてってもらいバリライフスタート!ガイドは3年前と同じエアポートローカルのボス的存在のバリニーズ。この人、手相が見れて3年前に見てもらったら僕は生命線が短く『シロウ、すぐ死ぬ。ハハハッ』何て言われて、今回会ったら『シロウ、まだ死んでないね~。ハハハッ』こら~!まだまだ死にません!!

移動は車なんですが、いや~スゴイ!原チャリの多さ、運転の凄さ。十字路、T字路強引にねじ込んで曲がってくるんです。信号は無いに等しいし、移動中は運転してないのにヒヤヒヤ。その割には事故見なかったな~。

2日目からはもうサーフィン三昧。エアポートというポイントは、小さい船でポイントまで行く。日本ではなかなか船でポイントまで行く何て味わえない。サーフDVDの様な世界に浸っちゃいますよ~。バリはリーフ、コーラルリーフ(岩など)なのでポイントブレイク!”Jeg Sube Nice!”(インドネシア語と英語の混合語)最高!!昼休みにはビンタン(バリのビール)飲んで昼寝して海入って。夕ご飯にはナシゴレン、ミーゴレン、そしてビンタン。ホテルに戻ってプール入りながら、またビンタン。バリに行ったらビンタンは欠かせません!(否、バリに関わらずビールは重要)しかし、今回昼間にプールに入った記憶が無いな~。

行ってた期間の波のサイズはコシ、ムネあってアタマ?カタくらいかな。リスキーさは無かったけど、普段はレベルが高すぎるポイント、ウルワツ、チャングーにも入れてイイ経験ができて、”Jeg Sube Nice!”ウルワツまで船でトローリングして、サーフィンして、釣り大会。釣り竿なしで指の感覚で魚を釣るすごく原始的、いやシンプル。ここでもビンタンは欠かせません。2チームに分かれて船で飲んだビール代をかけて勝負。熱帯魚みたいなキレイな魚が釣れたりと、本当に食えるんだろうか…….。夜、フライにして食べちゃいました。おいしかったな~白身で、骨はカリカリ。何でも外見で判断しちゃ駄目ですね。

観光ツアーでは味わえないバリを経験できて、またすぐに行きたくなるバリの魅力はスゴイ。これだから波乗り、バリを経験するとヤミツキでやめられない!(ビンタンも)  Bali, Jeg Sube Nice!!

2007/06/14 Shiro

LINEで送る